人気のおすすめ記事



【悲報】なんJ民おすすめの本、本気で荒れすぎwwww 理由がこちら

book_hon_no_mushi_man
1 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:21:33 ID:VbI

あとラノベも禁止でお願い致します。

3 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:22:30 ID:i9R

とある魔術のインなんとか

>>3
ラノベやん…

7 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:22:58 ID:c4D

いかにして問題を解くか

9 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:24:02 ID:VbI

>>7
芳沢って人の本?

12 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:26:10 ID:iIA

1冊しか読んだことないけど村上春樹

18 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:30:31 ID:VbI

知らない本ばっかで草w

図書館にないやつもみんな結構あげてる?

あと村上春樹ってやっぱり凄えの?

20 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:31:41 ID:fpQ

ジョン・スチュアート・ミルの自由論

俺は途中で挫折したからお前に頑張ってほしい

143 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:03:09 ID:VbI

>>138
マジか…
>>139
悲しいなぁ…(盛者必衰)

156 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:12:15 ID:RLy

>>143
自由論の中で印象的なのは
間違ったやつも既に論破されたやつも自由に言って良いよってやつ
再度論破されることで他の人がその理由とか知ることが出来るとさ

24 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:32:52 ID:bkr

福沢諭吉
「脱亜論」は日本人なら一読はしておくべき

26 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:33:50 ID:c4D

諭吉なら文明論之概略の方がいい

29 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:38:12 ID:UND

中島敦の短編集

32 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:41:19 ID:VbI

>>29
死ぬ早すぎないこの作者?

37 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:48:41 ID:UND

>>32
その若さで死んであの人生観とか哲学を書けるのがヤバイから読んだ方がいいんだよ。

自分の無能さを痛感できる

40 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:52:40 ID:VbI

>>37
調べたら、人生は長いが短いって言ってる人か…

これはチェックしとこ。

30 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:38:32 ID:ClF

本探すときって千夜千冊とか役立つよな

参考: 松岡正剛の千夜千冊

34 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:42:51 ID:VbI

>>30
どう使うの? 今検索してだしたけど難しそうやけど。

39 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:50:27 ID:ClF

>>34
使うというか紹介してるだけだから適当に

33 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:42:13 ID:Ofz

殺人鬼の歴史みたいなやつ

36 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:46:20 ID:wTT

道元

38 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:50:17 ID:VbI

>>36
西田幾多郎みたいな人か?

43 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:55:12 ID:9S4

>>38
時代も思想も全然違うぞw

45 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:56:18 ID:VbI

>>43
時代は違うの分かるけど、考えも違うのか…
やっぱりまだまだ勉強不足やな

46 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:56:23 ID:9S4

J.D.サリンジャーのグラース家シリーズ
「フラニーとゾーイー」から読むのがお勧め

47 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:57:19 ID:VbI

>>46
日本語のやつありますか?

50 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)20:58:27 ID:9S4

>>47
サリンジャーは全部日本語訳されてるんじゃないかな

47 名無しさん@おーぷん 17/01/21(土)21:00:52 ID:VbI

>>50
連作らしいけどどっち先に読んだらいい?

54 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:02:59 ID:bkr

山田風太郎の忍法帖シリーズ
ぶっとんだ世界観は感嘆する

58 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:07:09 ID:VbI

>>54
ラノベみたいな感じか?

67 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:14:21 ID:VbI

>>63
罪と罰挫折したんだが?w

74 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:17:13 ID:XB3

>>67
新潮文庫で約120ページだね。もっかい読み直そう!
もう終盤は面白すぎて眠れなくなる。
カラマーゾフは新潮で180ページくらいだったと思う。
ドストエフスキーの作品には挫折峠があって、罪と罰は5分の2あたりが峠だった気がするなぁ(曖昧)
なんでみんな挫折するんやろ……。

79 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:19:38 ID:VbI

>>74
俺が読んだやつは分厚かったぞ!w
なんか貧乏なやつが主人公でクズやなかったけ?

121 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:43:04 ID:c4D

地下室の手記とか本当現代にこそあってる

66 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:11:40 ID:kdZ

聖書

70 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:15:27 ID:VbI

>>66
キリストの書いたラノベじゃん…

73 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:17:03 ID:9S4

>>70
キリスト自身は一行も書いてないぞw

77 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:18:45 ID:VbI

>>73
弟子が書いてたんかw マジで知らんかったw

82 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:20:42 ID:VbI

あとみんな大体1時間で何ページくらい読むる?

なるべく早く正確に読みたいんやが

96 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:28:46 ID:VbI

>>92
やっぱりそうかw みんなスラスラ読みかと思ったがそうでもないんやなw

少し安心したw

83 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:21:51 ID:EWd

ライ麦畑で捕まえて
1984

86 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:22:40 ID:VbI

>>83
ライ麦畑でつかまえてって怖くない?
ホラーじゃない?

91 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:26:29 ID:VbI

>>85
鹿の王はちょっと微妙かな

けどあと2つはおもろそう

88 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:24:00 ID:VbI

また質問なんだけど、哲学と思想ってどう違うの?

104 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:33:26 ID:Gzd

>>88
哲学は少なくとも論理的に成立する議論を展開しなきゃならんけど、思想はまったくの妄想でも賛同者がいれば広まる。
要するに哲学には手法があるけど思想は別に手法がない。
まぁ論理的にあり得ても実証されない限り結論なんて出ないから哲学の問題は答えらしい答えがなくて、「理屈の上でならこういうこともあり得る」っていう議論を延々蓄積していく学問だね。

108 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:36:15 ID:VbI

>>104
そういうことか!

けど線引き難しそうやな

126 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:51:26 ID:ELx

武士道

130 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:53:38 ID:VbI

あとは本読むために最近慣用句の本読んでるけど

これは読書読む時に役立つ?

135 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)21:57:54 ID:VbI

>>132
そこら辺は翻訳してくれてないの?

142 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:02:47 ID:9S4

>>135
翻訳されてるよ。

日本語を舐めてはいけない。
文学・哲学・科学・数学から普通に考えて翻訳なんか不可能に思える詩歌やジョークまで日本語訳されている。
こういう言語は世界でも珍しいんだぜ。

147 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:04:57 ID:9S4

>>139
そうなのか。
俺は「ローマ帝国の衰亡」の日本語訳が酷くて挫折して以来ギリシャ・ローマ物は敬遠してるんだわ。

157 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:12:45 ID:Vay

>>147
プルタルコスの「英雄伝」の文庫本を読んだことがあるけど、読んでいて非常に苦痛だったw

辻邦生の「背教者ユリアヌス」は読み易かったけど、読む取っ掛かりは「ローマ人の物語」の方が入りやすかった

162 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:15:40 ID:9S4

>>157
やっぱり翻訳の上手さって大事だよなあ

154 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:11:40 ID:VbI

>>152
大統領にフーバーっていたけど関係ある?

161 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:14:27 ID:9S4

>>154
大統領のフーヴァーとは無関係。

164 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:17:32 ID:VbI

>>152
アメリカ文化に興味あるんや。

アメリカ好きなの?

168 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:26:01 ID:9S4

>>164
「好き」というか「興味を持たざるを得ない」って環境じゃないか?
現代日本でアメリカ映画やアメリカ製品(IT関係とか)を無視して生きるのは無理だろ?
一方でカンボジアとかタジキスタンとかアルジェリアとか韓国とかは無視しても困らない。

アメリカに関する本や音楽やTVドラマに接してるとキチガイじみた犯罪大国ぶりに驚かされることも多い。
ハリウッド映画のアメリカ礼賛しか知らなかったらFBIの裏側までは本で読もうとは思わないよね。

171 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:29:29 ID:VbI

>>168
それは確かにあるかもな!
てかアメリカはガチで警戒しなきゃならんのに、日本人ってなんで
無警戒なんやろなー

166 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)22:21:23 ID:RLy

記号論への招待は大昔に読んだから内容覚えてないけど
面白かったし一番影響受けた感じする

193 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)23:05:49 ID:VbI

みんなありがとな!

とりあえず落ちる!

なんか他にオススメあったらまた書いてくれ!

またな!

1001: この記事も読まれています

この記事へのコメント

  •  

    笹沢左保読んどけ間違いない
    2024年06月19日 23:03