【えぇ...】同期の男から突然「ヤらせろバカ女」とLINE←誤爆だったらしいwwwwwww

62dc70cc-s.jpg



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7512368204421222"
data-ad-slot="5459034950"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">




497: ネタめしがお送りします 21/04/07(水)18:07:30 ID:DB.gt.L1

会社の同期が無理
ボンヤリしてる男子だなーくらいの印象だったAから突然同期らのグループラインで「俺が酒をやるごとにヤラせろっつったろバカ女が」と連絡が来た。

直後、「ごめん!送信先間違えちゃったー」と返ってきた。

後日「お前は誰に宛てて送るつもりだったんだ」と飲み会で問い質したところ、どうやらキャバ嬢に入れ込んでいて、その子に酒や指名を入れる毎にヤラせろヤラせろと迫っていたらしい。

「だって、どのキャバ嬢も酒を奢ってもらったらヤるもんでしょ?お礼にヤらせるのは当然の礼儀なのにしてくれないんだよ」とニコニコしていう同期に一同ドン引き。

「キャバクラとはおしゃべりを楽しみ、搾取されるとわかって行くところ。ガチ恋するんなら普通の女の子にしておけ」
「やりたいなら風俗いけ!」

と男性陣が叱ったがまるで言う事聞かない。
キャバ嬢とのラインを見せてもらったら、なんと1日だけでざっと数えて100回以上は通話しようとした履歴があった。

男性陣の中には「まあ10万とかのシャンパンをおろしたんなら言ってることもわからんでもない」と言う人もいたけど、数千円の一番安いやつを一杯だけ、しかもワンセットで帰っていたので、そいつも「お前それはねーわ」と反対派にまわった。

いやなんでそんな奴に体を捧げるんだよ。
しかも調べたらNo.1キャバ嬢だった。太客いくらでもいそうな感じの二十歳の子だった。

更にうちは大手なんだけど、他の学生キャバ嬢にもうちの会社名を出して
「合コンセッティングしてほしい。社会勉強になるよ。就活で有利だよ」
などと迫って断られると「就活で泣きを見るぞゲロブス」と罵倒しまくっていた。
ストーカー紛いをやらかしている先述のキャバ嬢にも「お前なんかが俺みたいな大手社員と付き合えるだけ有り難いと思え」と思いっきり社名公表してた。

今時はキャバ嬢がヤバい客のラインをスクショして報告する時代。
流石にヤバいと判断して同期何名かが上司に報告し、かなり厳重に注意された。

そもそも社会人2年目で何言ってやがるんだコイツ…と衝撃だった。本当に神経がわからん。






500: ネタめしがお送りします 21/04/07(水)21:00:06 ID:wy.gt.L14

>>497
寧ろ神経がわからんじゃなく神経が無いとしか思えないわな。


499: ネタめしがお送りします 21/04/07(水)20:29:07 ID:fp.sc.L1

>>497
20才なんて醜いババアにそんなのに入れ込んでセクハラするってどんだけばかなんだ
社会人としても人としても終わってる


498: ネタめしがお送りします 21/04/07(水)19:45:11 ID:Cg.gt.L1

>>497
来年度までには会社から消えてそう
というか、今の内に消さないとどんな迷惑がふりかかってくるかわからない


502: ネタめしがお送りします 21/04/07(水)22:39:04 ID:he.gt.L1

>>498
上司から注意されてましたが「いえ、相手はキャバ嬢なので大丈夫です」と言い訳して「キャバ嬢だろうがそうでなかろうがお前のしたことは最低だ。会社の威を借りてセクハラするような男が何偉そうにしてるんだ」とガチギレされてました
見た目オラオラ系でもなんでもなく、ボヤッとした感じの人なんで余計気味悪かったです。


503: ネタめしがお送りします 21/04/08(木)00:35:42 ID:DX.xv.L1

>>502
今頃ネットで斜め上なひたすら俺様に尽くせない女は生ゴミって女叩きして発狂してそうだな
さっさと切らないと社内内外でセクハラ、付き纏いで訴えられそう


504: ネタめしがお送りします 21/04/08(木)01:10:13 ID:4w.xv.L1

>>502
大丈夫とは思うけど、もうそいつとは最低限でしか関わっちゃ駄目だよ


505: ネタめしがお送りします 21/04/08(木)01:37:38 ID:3N.xv.L14

>>502
>>504さんの言う通りだよ、本当にそいつとは、関わらないようにしないと
言いたかないが、基地であるし育ちがあかんわ
どんな時でも警戒しないとアカン


引用元: ・undefined


1001: この記事も読まれています















この記事へのコメント