面接官「 A=B だが同時に A≠B でもあるものの例を挙げて下さい。 」

figure_presentation.png
1 : 2016/06/21(火) 00:57:27.30 aJMaMpWa.net


どうぞ












2 : 2016/06/21(火) 00:57:43.87 LLHWii/+0.net


わかんねえ

3 : 2016/06/21(火) 00:57:47.19 HTSNHzXs0.net


俺とお前や

6 : 2016/06/21(火) 00:58:14.46 0ZeCZWCRM.net


ワイ=男
男=ワイ ではない

21 : 2016/06/21(火) 01:00:40.60 oKXvylaU0.net


>>6
ab入れ替えんなよ

23 : 2016/06/21(火) 01:00:42.49 LyNEwJcp0.net


>>6
十分条件やね

28 : 2016/06/21(火) 01:01:13.66 39qBNMTO0.net


>>6
ガイジかな

10 : 2016/06/21(火) 00:58:52.67 mwvEb4HN0.net


ワイとやたらプリクラを撮りたがる男
初めの印象はそんな感じやった
こんなワイでも慕ってくれる気風のいい男やなと
だがその男は女だった
ワイはその女から告白された
ワイは三日三晩の思慮の末、チ●ポに従う事にした
その女はすぐにワイとやりたがった
忘れもしない寮内のトイレの中
その女は男だった
ワイは女にされた

11 : 2016/06/21(火) 00:59:13.82 QLtASJyKM.net


>>10
これすき

13 : 2016/06/21(火) 00:59:28.78 8n/WAkhJM.net


>>10
これやな

40 : 2016/06/21(火) 01:02:38.60 GAks4yWH0.net


>>10
この文豪ほんとすき




58 : 2016/06/21(火) 01:04:52.79 M7UWSGIdM.net


>>10
まっさきにこれ浮かんだわ

109 : 2016/06/21(火) 01:16:15.76 +nDtAphS0.net


>>10

34 : 2016/06/21(火) 01:01:57.24 tBdY1T+gd.net


水と氷

206 : 2016/06/21(火) 01:32:08.72 wq4wSr5a.net


>>34
これ好き

37 : 2016/06/21(火) 01:02:24.78 uYN/cfbBa.net


宇宙は有限か無限か

38 : 2016/06/21(火) 01:02:26.30 19P3mJZi0.net


人の心です(ドヤッ

41 : 2016/06/21(火) 01:02:39.15 fGb5HLZHd.net


武藤とムタやな

44 : 2016/06/21(火) 01:02:47.17 zQkHzLTE0.net


自分と平行世界の自分

45 : 2016/06/21(火) 01:02:48.57 eehc0Qbt0.net


ハマチとブリ

48 : 2016/06/21(火) 01:03:32.79 W0H9ueJz0.net


マジレスすると1+1と2
公理系によって=にも≠にもなる





63 : 2016/06/21(火) 01:05:33.51 hVOB7nfN0.net


数学苦手なら数学記号使わなければいいのに
こういう奴に限ってこっちが数学的に答えを言うと難しい話をするなって怒るんだよなあ

133 : 2016/06/21(火) 01:22:08.11 j4aBZJ2X0.net


>>63
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

72 : 2016/06/21(火) 01:07:39.80 pJaudixx0.net


A=世界人口の半数
B=男

世界の人口の半分は男やけど同時に世界の人口の半分は女やろ
まあ厳密には違うけど

73 : 2016/06/21(火) 01:08:04.24 1rOFXd/Wa.net


千円札 と 500円玉2枚

とか頭が柔軟なやつは答える
知能がカブトムシ並のガイジは謎の発狂する

77 : 2016/06/21(火) 01:08:56.19 5xQUqy/d0.net


1=0.99999999…とか?
いや意味が解らん。イコールの定義からして矛盾しとるやろ
どうせ厳密性を欠いたトンチ的な答えを期待しとるのやろうが

88 : 2016/06/21(火) 01:10:54.14 aXQl78iK0.net


条件収束と絶対収束でもいけるな
1-1/2+1/3-1/4+...=log2と
左辺並び替えた奴の比較みたいな

90 : 2016/06/21(火) 01:11:21.38 6ovxJVRZ0.net


これ≠が成り立つなら=で結んじゃアカンやろ
どっちかが間違いやで

98 : 2016/06/21(火) 01:14:50.07 xtiYXfrt0.net


>>90
√4 =2
√4=-2
2≠-2

108 : 2016/06/21(火) 01:15:58.70 5xQUqy/d0.net


>>98
違うぞ

115 : 2016/06/21(火) 01:17:26.28 5xQUqy/d0.net


まぁでも>>98はいい線言ってると思う
4の平方根=2,-2
2≠-2

これが答えカナ

123 : 2016/06/21(火) 01:19:49.04 hVOB7nfN0.net


>>115
どれがAでどれがBになるんやこれ

132 : 2016/06/21(火) 01:22:01.77 5xQUqy/d0.net


>>123
A=2 B=-2 (逆も可)

A=Bの証明は
2=4の平方根
-2=4の平方根
よって2=-2

んん〜?三段論法って使っちゃいけないパターンあったっけ?

141 : 2016/06/21(火) 01:24:22.50 vpBEam7W0.net


>>132
そんなん
A=手=体の一部
B=足=体の一部
手=足、手≠足

っていってるようなもんやん
お前が使ってるのは「=」じゃなくて「∈」とかそういう類のもんや

142 : 2016/06/21(火) 01:24:29.70 aXQl78iK0.net


>>132
4の平方根が一つしかないという常識を疑え

144 : 2016/06/21(火) 01:24:42.03 wBbnfwY30.net


>>132
うーん、これはガイジ!w

99 : 2016/06/21(火) 01:15:06.60 PI4x293T0.net


潤滑油です

131 : 2016/06/21(火) 01:21:37.21 aXQl78iK0.net


>>99
うーん、採用w

107 : 2016/06/21(火) 01:15:56.03 +4ufi7lA0.net


攻撃は防御の手段の一つやけど
攻撃は防御ではないみたいな感じか

124 : 2016/06/21(火) 01:19:54.60 ytShKVJR0.net


この文は一行目である
この文は一行目でない

ネットで見た

126 : 2016/06/21(火) 01:20:21.85 rQJ0I1MCM.net


解析接続とかいうテクニックを使えばええんちゃう?
そうすれば素数のすべての積を有限にすることも出来るんやろ

140 : 2016/06/21(火) 01:23:49.15 6m53Km8h0.net


0.999…≠1
0.999…=(9/10){1/1-(1/10)}=1

148 : 2016/06/21(火) 01:25:11.21 rMQ1HfE40.net


>>140
上の式が間違ってるやろそれは

167 : 2016/06/21(火) 01:27:47.30 bU9hDebU0.net


1≠0.9999999...
1/3≠0.33333333...
どっちも間違ってるで

1=0.9999999...
1/3=0.33333333...
の方だけで確定

179 : 2016/06/21(火) 01:29:04.92 ekx0CReO0.net


b=a
とする。この両辺にaを足すと
a+b=2a
両辺から2bを引くと
a−b=2a−2b
(a−b)=2(a−b)
両辺を(a−b)で割ると
1=2

184 : 2016/06/21(火) 01:30:07.41 bU9hDebU0.net


>>179
0で割ってる定期

186 : 2016/06/21(火) 01:30:18.06 LgmycIXT0.net


>>179
a-bでは割れない定期

190 : 2016/06/21(火) 01:30:39.36 aXQl78iK0.net


>>179
0除算定期























この記事へのコメント