マツダ

マツダよりデザインのいい車が日本車にない…

[ 2018/12/4 16:03 ] カテゴリ:マツダ | コメント数:1
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 : 2018/12/01(土) 08:47:55 Hny2mGOrd

なんでや
10 : 2018/12/01(土) 08:53:20 NDWXPnZN0

CX-5だっけ
めっちゃカッコいいよな
13 : 2018/12/01(土) 08:55:20 Hny2mGOrd

マツダのデザイン否定するやつって
他のいいデザインの車のあげてくれないから困る

この記事の続きを読む

マツダ「若者の車離れは真にカッコいいクルマを見たことがないから。うちの車を見てください。」

[ 2018/8/1 11:03 ] カテゴリ:マツダ | コメント数:4
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 : 2018/07/29(日) 13:10:27 0kaJjaLkHNIKU

マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論

ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。
“魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。
同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。

─前田さんが考える競争優位なブランドとはどんなものでしょう。

前田:オンリーワンでないとブランドにはなり得ないじゃないですか。そのメーカーのブランドしか作れないものでなければ価値がない。いま、特にそう思っていますね。
商品に何かシンボルマークをつけておけばブランド、というのがかつての日本のブランド論でした。
そうではなく、ブランドは作り手の志の集大成みたいなものなので、どれだけ研ぎ澄まされたものを積み上げてできているかにかかっていて、そこはデザインも一緒なんです。
一言で言えば、デザインで表現したいのは“オーラ”。パッと見た瞬間、みなさんに「オッ」って思ってもらえるもの、それがブランド表現だと思っています。

─クルマの躍動感や生命感、スピード感などを表現するために動物のチーターをモチーフにして、獲物に襲いかかるチーターの姿をシンプルにオブジェにした、“ご神体”がマツダにはあります。
デザインで迷ったらご神体に立ち返るという、唯一絶対の存在になっているそうですね。

前田:自分たちの原点を突き詰めた時、動的な感じや生命感が感じられないクルマはマツダのクルマじゃないと結論づけました。
いまでもその哲学は普遍だと思っていますが、敢えて、形に命を与えるという抽象表現にとどめたんです。
それまでのマツダは、デザインテーマを具体的に決めていました。こういうキャラクターラインを入れるとかデザイン表現を固定してしまうと、結局はものすごく浅いものになってしまい、クルマの価値が変わっていくと対応できなくなってしまうのです。
昔から、道具には命が宿ると言われていますが、我々がやっていることはそれと同じ。
命を与えるということの深さに気づかされて、そこに日本の美意識の原点があるということにも気づきました。そして、生命感の深さをもう少し追い求めているのがいまのステージですね。
よく若い人たちのクルマ離れが叫ばれていますが、真にカッコいいクルマを見たことがなければ、誰だってクルマへの関心も興味も薄れるでしょう。

そこで我々が「RX-VISION」や「VISION COUPE」(それぞれ2015年、2017年に発表した「艶」と「凛」をテーマにした次世代デザインのコンセプトモデル)を
東京モーターショーで見せると、若い人たちがどっと押し寄せて来て、誉め言葉である「やべえ」とか「やばくね、これ」とか言ってくれるわけです(笑い)。あれは心地よかったですね。

続き
https://www.news-postseven.com/archives/20180728_728515.html

この記事の続きを読む

マツダはなぜ不人気の「セダン」にこだわるのかwwwwwwwwwww

[ 2018/6/6 15:03 ] カテゴリ:マツダ | コメント数:6
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 : 2018/06/02(土) 15:45:14 cNL5mLtM0


 去る5月24日、マツダが大幅改良した「アテンザ」(セダンとワゴン)のお披露目会を行った際、同社の小飼雅道社長はこう語った。

「日頃から、社内で『セダンを大切にするんだ』という話をしており、今回改良しました『アテンザ』などのセダンでこそ、
最高のパフォーマンスを実現したい。そのうえでクロスオーバーSUVなどの車種に、走る喜びが感じられる技術を横展開していくと。
そういう意味でも『アテンザ』は極めて重要なモデルだと申しております。

 もう1つ経営的な意義から言いますと、『アテンザ』は昨年、世界で年間15万台以上を販売し、マツダのグローバル総販売台数の
1割近くを占める、非常に重要なモデルという位置づけです」

 さらに、詳しい商品説明で登壇した「アテンザ」開発主査の脇家満氏も、「『アテンザ』の改良は、2012年に行った全面改良以降では
今回が最も大きいものとなります」としたうえで、次にように続けている。

「我々が今回の大幅改良に込めた思いとして、どうしてもお伝えしたいことがあります。昨今、日本でもお客様の需要がSUVにシフトし、
セダンやワゴンは売れていないと言われ、確かに国産ブランドのクルマにおいてもその傾向はあります。ですが、一方で輸入車ブランド
(のセダンやワゴン)は堅調に売れ続けているということも、また事実です。

 この状況に我々は非常に強い危機感を抱いており、『アテンザ』のこれからの生きざまも含めて、どうにかしていかなければいけない
という強い思いがあるのです。『アテンザ』なら運転してみたい、所有してみたいと言っていただけるものをご提供したい。
それが、今回の商品改良における我々の意思であります」

 同業他社も、もちろんセダンタイプのラインナップはいまもあるが、マツダほどはセダン復権について熱く語ってはいないだろう。
では、なぜ同社はセダンに強いこだわりを見せるのか。その前に、現在は退潮基調に陥っているセダンやワゴンも含め、
これまでの売れ筋タイプの変遷を辿ってみよう。

全文
http://www.news-postseven.com/archives/20180602_686893.html

この記事の続きを読む

アクセラっていう車かっこよすぎんか?

[ 2018/3/14 15:03 ] カテゴリ:マツダ | コメント数:3
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 : 2018/03/10(土) 06:59:41.44 hjg6N2fg0.net

街で見ると見てしまうわ
3 : 2018/03/10(土) 07:00:10.20 KTopsNgma.net

値段の割に高級感ある

この記事の続きを読む
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
ブログパーツ
ギャラリー
  • 医学部「女は採用したくない、重病みないし我慢がないし産休育休取られたら患者が危険」←これ
  • 嫁に俺の趣味をほとんど売られたwwwwwwwww
  • 同僚「メモ取れ」僕「見て覚えて。分からなかったら絶対聞いて」
  • F1はもうオワコン、今は電気自動車だろwとかいう奴ちょっと来い
  • 無音カメラ、5000万ダウロードされる
  • 【朗報】サッカー日本代表さん、史上初のスタメン全員海外組達成へ
  • 実家が金持ちだと思ってたワイが家の所得証明書みた結果
  • 新入社員「ワイさんスーツにリュックはヤバいですよ」ワイ「!!!(激怒)」
  • 新入社員「ワイさんスーツにリュックはヤバいですよ」ワイ「!!!(激怒)」
  • 新入社員「ワイさんスーツにリュックはヤバいですよ」ワイ「!!!(激怒)」
  • 新入社員「ワイさんスーツにリュックはヤバいですよ」ワイ「!!!(激怒)」
  • ワイ、Tカードをすみっこぐらしにした事を後悔
  • ワイ、Tカードをすみっこぐらしにした事を後悔
  • ワイ将空港で職質されるwww
  • ネッコ「サムゥイサムゥイ」ワイ「おっ?ふとんはいるか?」
  • ネッコ「サムゥイサムゥイ」ワイ「おっ?ふとんはいるか?」
PAGE TOP ↑